肌ストレスとデトックス

健やかな皮ふのターンオーバーは28日周期になっていて、常時新しい細胞が作られ、一日毎に剥落し続けているのです。これらの「毎日の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しい状態を保持し続けています。

今を生きる私達は、毎日体の中に蓄積されていく怖い毒を、様々なデトックス法を用いて体外へ出し、絶対に健康な体を手中に収めようと尽力している。

顔などのたるみは不要な老廃物や余った脂肪が集積することで徐々に悪化します。リンパ液が鈍くなってくると不要な老廃物が溜まり、むくんだり、脂肪が溜まりやすくなり、弛みへと繋がります。

我々日本人が「デトックス」にのめりこむ理由の一つは、我々日本人が暮らす環境の汚さだ。空気や土壌は化学物質で汚れ、穀類などの食物には作用の強い化学肥料や農薬が多く含まれていると喧伝されている。

トレチノイン酸療法は、濃色のシミをほんの数週間で薄い色に和らげるのに実に向いている治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・女性に多くみられる肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったにきび跡などに使われます。

ターンオーバー(新陳代謝)が狂うと、様々な肌のエイジング現象や肌トラブルが出現するようになります。目元などのシワ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインがぼやけるたるみ・嫌な肌荒れ・突っ張るような乾燥など、書きだしてみればキリがないほどなのです。

トレチノイン酸療法は、頑固なシミをいち早く薄い色にするのにことのほか向いている治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・しつこい吹き出物などに効果的です。

皮膚の美白指向は、90年辺りから次第に女子高生に知れ渡ったガングロなど、不自然なまでに酷く日焼けする独特なギャル文化への対抗文化ともとれる思考が込められている。

更に毎日のストレスで、心にも毒は山のごとく蓄積していき、同時に身体の不調ももたらす。このような「心身ともに毒まみれ」というような感覚こそが、多くの人をデトックスへと駆り立てている。

ともかくも乾燥肌が暮らしや環境に深く関係しているのならば、日々の些細な日課に気を配ればある程度悩みは解消するでしょう。

容貌を装うことで精神的に活発になって豊かさが生まれるのは、顔面に悩みのある人もない人も同じことです。私たちは化粧を己の内から元気を見つける最善の手法だと思っています。

健やかな身体にも起こる浮腫だが、これはむくんで当然。なぜか女の人は、夕方の脹脛のむくみを防ごうとしているが、人間なら、下半身の浮腫自体はいたって正常な状態だ。

硬直した状態だと血行が滞ります。最終的には、目の下を筆頭に顔のあらゆる筋力が落ちます。そこで顔の筋繊維も十分にストレッチをしてあげて、時々緊張をほぐすことが重要です。

下まぶたのたるみが出た場合、誰でも年齢よりずっと年上に見られます。皮膚のたるみは色々ありますが、下まぶたは最も目立ちます。

美白用化粧品であることを正式なカタログでPRするためには、厚労省の認可が下りた美白に効果を発揮する成分(特にアルブチン、コウジ酸等)が入っている必要があるとのことです。

アトピーと血行

皮膚の健康と環境

関連記事

  1. 美肌とお手入れ

    本国では、肌が白くて黄ぐすみや茶色いシミの存在しない状態を理想とする感覚は現代よりも昔から浸透してお…

  2. 普段の生活で気をつけること

    外観を装うことで気分が良くなり豊かになれるのは、顔面にトラブルのある人もない人も違いはありません。化…

  3. Hello world!

    Welcome to WordPress. This is your first post. Edi…

  4. 美容整形をおこなう美容外科

    アイメイクを落とす時にメイクをきれいに落としたいがためにゴシゴシと洗ってしまった場合、目の周りの肌が…

  5. 皮膚の乾燥とコラーゲン

    肌の乾燥によるかゆみの要因のほとんどは、年齢を重ねることに伴うセラミドと皮脂の量の衰えや、メイク落と…

  6. 美しさと健康

    新陳代謝が乱れがちになると、様々なお肌のエイジング現象やトラブルが出現します。顔や首筋のしわ・シミ・…

  7. お肌のたるみと習慣

    アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の反応と関わっている事の中でお肌の強い症状(掻痒感等)が表出するも…

  8. 日々の生活とお手入れ

    押し戻してくる皮ふのハリ。これを操っているのは、化粧品でおなじみのコラーゲン、すなわち蛋白質なのです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP